死亡保険の保険金額の決め方

死亡保険の保険金額の決め方について

 

生命保険に加入する際には多くの人が入院や怪我の保障について把握していますが、万が一死亡した時の保障については漠然としているのではないでしょうか。

 

死亡保障の決め方は、独身なのか夫婦二人だけなのか、子供はいるのかなどライフスタイルによって様々であり、このライフスタイルも変化するので、その時その時に合った保障内容に見直す必要も出てきます。

 

 

では実際に死亡した後にかかる費用について見てみましょう。
多くの場合気にされているのが、葬儀費用です。お葬式の方法や残された家族の考え方によって葬儀費用にも幅はあるのですが、一般的な相場としては200万円前後とも言われており、決して安い金額ではありません。

 

葬儀費用に関して言えば結婚しているかしていないか、子供がいるのかいないのかなどに関してはあまり差が生じない為、独身者の場合にはこの保険金額を目安に死亡保険を決めてみてはいかがでしょうか。

 

 

既婚者かつ子供がいる家庭などにおいては葬儀費用はもちろんのこと、もっと充実した保障内容を考える必要があり、残された家族の人数や子供の年齢などにもよりますが、公的年金などと合わせて家族が十分に生活していけるだけの死亡保険を選択するとよいでしょう。

 

 

 

 


メニュー

保険相談の内容

保険相談別のメリット・デメリット