死亡保険の保障期間の決め方

死亡保険の保障期間の決め方について

 

生命保険に加入する際に気になるのが、保障金額や毎月の掛金ではないでしょうか。

 

ですがもう一つ見逃してはいけないのが、保障期間です。決め方としては家族構成や仕事などライフスタイルが変化していく中で、どのぐらいの保障期間が必要となるのかを考え、就職や退職、結婚や子供の独立などの時期から逆算して、保険の目的だけではなく、その保険がいつまで必要なのかということも踏まえて保険を選びましょう。

 

 

独身の時にはさほど気になることのない死亡保障ですが結婚などをして家族が増えることにより、万が一に備えなければなりませんね。特に家族を持つ大黒柱となる父親の死亡保険の場合には、決め方も迷いますね。

 

残された家族が十分に暮らしていけるだけの保障金額を確保する為には毎月高額な保険料を支払う必要などがあり、この保険料によって家計が圧迫されてしまうことにもなりかねません。

 

 

ですから結婚や出産、就職や退職、子供の独立などを目処に見直すことで死亡保険の為に払う保険料を見直すことが出来るので、徐々に減少していく傾向にあります。

 

死亡保険に関しては、支払われる金額と保障される期間、毎月の保険料のバランスなどを上手く取ることが出来るような決め方が出来ると良いのではないでしょうか。

 

 

 

 


メニュー

保険相談の内容

保険相談別のメリット・デメリット