来店型の保険相談のデメリット

来店型の保険相談のデメリットについて

 

様々な種類の保険商品を取り扱う保険ショップでは、保険の仕組みを知り尽くしたプロに保険相談が出来るとして、最近ではショピングモール内や駅ビル内などに増えています。

 

保険会社の代理店として一社だけではなく複数の保険会社の商品を取り扱うので、比較して検討することが出来るのがメリットの一つとなっているのですが、複数の保険商品を取り扱う保険ショップでは保険会社と代理店契約を結んでいる為、販売手数料が高い保険商品を勧められる傾向にあるのがデメリットと言えるのかもしれません。

 

保険ショップのメリットとなる保険商品を勧められるがままに選択してしまっては、保険ショップに相談に行く意味がありませんね。

 

 

また保険ショップには専属保険代理店と乗合保険代理店の2種類があり、専属保険代理店の場合には1社のみの取り扱いとなり、専属代理店によっては保険相談のスキルに差がある場合などもあるので、こういった場合には他の保険ショップなどを回って比較するのも必要となる可能性が出てきます。

 

来店型の保険ショップでの保険相談の場合には保険のプロである営業マンから様々な視点から見たアドバイスを受けることができますが、最終的には加入する保険の内容などをきちんと理解し、営業マン任せにしないことが重要となります。

 

 

 


メニュー

保険相談の内容

保険相談別のメリット・デメリット