納得して保険に加入する方法

納得して保険に加入する方法

 

保険という商品は、もしもの時に備えるための商品ですが、保険だけで将来のもしもの時に備えると、かなりの保険料になる可能性があります。その為、保険だけではなく、預貯金などと組み合わせて、将来のもしもの時に備えるのがオススメです。

 

そもそも、将来、もしもの事が起こった場合に、どれくらいのお金が必要になるか分かっていますか?その必要となる金額は、5年後、10年後、20年後によっても違ってきます。

 

 

保険に加入する場合には、今現在の事を考えるのは大切な事ですが、今現在だけを見ていても将来、痛い目を見ることになるので、キチンと、将来を見据えて保険に加入するといのが大切です。

 

例えは、保険料を安く出来れば何でも良いと思って保険を選ぶと、定期契約の保険に加入する事になります。この定期契約の保険は、5年や10年などのある一定期間ごとに更新が行われて、更新のたびに保険料が高くなります。そうすると、現時点では最安値の保険料の保険に加入していても、10年後、20年後は高額な保険料になっている可能性があります。

 

 

このように保険に加入する場合には、今現在の必要な保障内容をチェックしつつ、将来に必要になる保障内容についても考えておく必要があります。このように将来を考えつつ、将来に起こりえるリスクを認識し、そのリスクを保険でどれだけカバーするのかを考えてから、保険に加入する必要があります。

 

このように、保険に納得して加入する場合には、今現在はもちろんですが、将来の事も踏まえて、考えられるリスクを納得してから保険商品を選んで加入するというのがオススメです。前もって、将来のリスクを認識しておけば、いざというときに「こんなはずではなかった」と後悔する事にならないので、結果的に納得して保険に加入する方法という事になります。

 

 

 

 

 

 


メニュー

保険相談の内容

保険相談別のメリット・デメリット