医療保険の入院給付金の決め方

医療保険の入院給付金の決め方について

 

病気や怪我をした時に入院となると、不安要素の一つとなるのが入院にかかる費用ではないでしょうか。その為多くの人がこの入院費に備えて医療保険に加入しています。

 

そしてこの医療保険に加入する際に一番気になるのが、入院給付金ではないでしょうか。

 

この入院給付金によって入院にかかる費用を捻出したり、入院によって生じる収入源をカバーすることが出来るのです。

 

 

では入院給付金を中心に考えた時の医療保険の決め方を少しだけご紹介しましょう。

 

まず基本的には入院にかかる費用は全てが自己負担とんるわけではなく、健康保険などの保障が適用される場合がほとんどですので、この補い切れない場合などに医療保険を利用するようになります。

 

 

最近の保険会社の保険商品を見てみると日額といった形で表記しているものが多いですね。この金額と医療費の自己負担がどのくらいあるのか、入院によってどのくらいの収入減となりうるのかを比較しながら検討するとよいでしょう。

 

特に収入減に関しては、一般的なサラリーマンであれば傷病手当などがあり公的に保障されることがあるのですが、自営業の場合などには該当する手当がない為、入院給付金を多く設定しておく必要があるのではないでしょうか。

 

 

 


メニュー

保険相談の内容

保険相談別のメリット・デメリット