医療保険の保障期間の決め方

医療保険の保障期間の決め方について

 

医療保険を検討し加入する際に、入院給付金の次に気になるのが保障期間ではないでしょうか。保障期間の種類としては一般的に2種類あり、終身型と定期型となっています。

 

最近では終身型が人気が高まっている傾向にあり、高齢者が増えているのが理由の一つでしょう。定期型の場合には保障期間が一定の年齢までとされているものが多く、高齢になればなるほど病気やケガのリスクが高まるので、一生涯保障とうたっている保険会社も少なくありません。

 

 

保障期間に着目した医療保険の決め方としては、この2種類をどう選択するのかがポイントとなり、終身型の場合は保障期間が長いのですが定期型に比べると毎月の保険料が高くなるようです。定期型の場合はやはり保険料が安く済むことが多いので、毎月の負担を減らしたいのであれば定期型となるでしょう。

 

ですがこの場合には一定の年齢以降は更新が出来ない可能性が高くなるので、自分のライフスタイルを考えながらしっかりと検討することが重要となりますね。

 

医療保険と言えば年齢を重ねるごとに保険料が高くなるイメージを持っている人も多いのですが、一生涯保険料が変わらないものなども登場しており、長い人生において様々な保険の選択肢があるようです。

 

 

 

 


メニュー

保険相談の内容

保険相談別のメリット・デメリット