訪問型の保険相談のデメリット

訪問型の保険相談のデメリットについて

 

生命保険は住宅の次に高価なものと言われています。万が一に備えて生命保険に加入する方法としては、営業マンが直接自宅などに来る訪問型、保険相談の窓口として認知されている保険ショップ、比較的保険料が安いとされているインターネット保険などがあります。

 

従来の形で言えば保険会社の営業マンが自宅まで来て、保険相談や加入の契約などを行うことが多かったのですが、最近では様々な保険会社の保険商品を比較したいという人や保険料を出来るだけ安く抑えたいという人が増えたことによって訪問型以外の加入方法も普及しているようです。

 

 

訪問型以外の加入方法が増えている背景には、やはり訪問型の場合には保険会社の営業マンが来るので一社の保険商品の中からしか選ぶことが出来ない、営業マンによっては保険相談の際のスキルに差が出てしまうなどのデメリットが挙げられます。

 

とは言え、やはり自分のことや家族のことを考えた保障を相談するのであれば、親身になって相談出来る相手との信頼関係を築くことが出来るという点では訪問型にも魅力はたくさんあるのではないでしょうか。

 

自分や家族の生活スタイルに最適な保険を選ぶ上で、どういった形で加入するのかも一緒に考えてみましょう。

 

 

 

 


メニュー

保険相談の内容

保険相談別のメリット・デメリット