保険は高額な買い物

保険は思った以上に高額な買い物です

 

保険は、住宅に次ぐ大きな買い物であるという事を知っていますか?保険に加入すると、毎月、保険料を支払う事になります。この保険料は、毎月支払っているとあまり高額な買い物をしたような気がしない人が多いようです。

 

例えば、毎月の保険料が1万円の場合でも1年で12万円です。保険は、何十年も加入するモノですので、30歳から80歳まで加入したとしても50年間です。毎年12万円で50年だと、保険料の総支払い額は、600万円になります。

 

つまり、毎月1万円の保険料を支払っている場合、600万円の買い物をしているという事になります。600万円と言うと、多くの家庭の場合には、自動車よりも高額になるのではないでしょうか。だから、保険は、住宅に次ぐ大きな買い物だと言われるのです。

 

 

また、一人暮らしをしている人が、毎月の保険料が1万円であった場合には、結婚をして二人になると、毎月の保険料は2万円になります。こうして考えると、単純に600万円の倍ですので、1200万円になります。

 

もちろん、人によっては、結婚する年齢などを考慮すると、加入年数が短くなったりと計算を修正する必要も出てくるかと思いますが、保険という商品が思った以上に高額であると言った点は理解してもらえたのではないかと思います。

 

 

保険では、これだけ大きな金額の買い物をしているという事なので、毎月の保険料の支払いで少しでも節約が出来れば、結果的に大きな節約に繋がるというモノです。よく理解しないで、保険に加入していると、無駄な保障が付いている可能性があります。

 

その場合は、無駄な保障を削れば、例えば、保険料の1割が節約できたとしても、保険料の総額が600万円なら、1割の60万円が節約できる事になります。また、保険料の総額が1200万円なら120万円の節約になります。

 

ここで紹介したケースはあくまで適当に出した例に過ぎませんが、実際に、保険を最適化して、無駄を省くことが出来れば、それだけでも大きな節約が可能だという事はご理解いただけたのではないかと思います。

 

 

 

 

 


メニュー

保険相談の内容

保険相談別のメリット・デメリット